資金調達相談

資金調達相談

筑紫野市商工会では金融や信用保証に関する相談・斡旋、助成金相談などを行っています。
資金調達についてのご相談がございましたら、ますは、経営指導員をおたずね下さい。


商工会では以下の3種類の融資申込受付が可能です。

① 日本政策金融公庫融資
② 福岡県中小企業制度融資
③ 筑紫野市中小企業融資制度




日本政策金融公庫融資(国民生活事業)の相談と斡旋

日本政策金融公庫は、一般の金融機関が行う金融を補完することを旨としつつ、国民生活の向上に寄与することを目的とする政策金融機関です。 その中にある国民生活事業では、地域の身近な金融機関として、小規模事業者や創業企業の皆さまへの事業資金融資などを行っています。


マル経融資(小規模事業者経営改善資金融資制度)
マル経融資とは、金融面でさまざまな制約を受けている小規模企業を対象とした日本政策金融公庫の融資です。商工会の推薦を受けることのできる方のみが利用可能な、無担保・無保証・低金利の優遇された融資制度です。

融資対象
①常時使用する従業員が商業・サービス業5人以下、製造業・その他:20人以下の事業者
②商工会の経営指導を原則6ヶ月以上受けている方
③税金(所得税、法人税、事業税、都道府県民税等)を完納している方 ④同一地区で最近1年以上事業を行っている方
⑤商工業者であり、日本政策金融公庫の融資対象業種を営んでいる方
注意事項
※必要書類、流れが通常の融資と異なります。
日本政策金融公庫での直接申込はできません。
詳しくは商工会までお問い合わせ下さい。



詳しくはコチラ マル経融資(日本政策金融公庫)

福岡県中小企業融資制度の相談と斡旋

福岡県は中小企業の事業活動に必要な資金の融資を促進し、県内金融機関及び福岡県信用保証協会などと協力した制度融資を行っています。





筑紫野市中小企業融資制度の相談と斡旋

筑紫野市は中小企業の事業活動に必要な資金の融資を促進し、市内金融機関及び福岡県信用保証協会などと協力した制度融資を行っています。






筑紫野市の保証料補助について
※申請忘れなどは個人の責任になりますので、ご注意ください。

補助対象
筑紫野市中小企業融資制度より借入れした事業資金を全額返済したもので、
次に要件をすべて満たすもの

①当該借入が平成16年4月1日以降の借入分であること
②当該借入に係る保証料を完納しており、かつ全額返済が完了した時から1年以内の申請であること
③補助申請者が借入日から全額返済した日までの期間において市内に住所及び主たる事業所を有し、 かつ、引き続き同一事業を営んでいること
補助額
当該保証料として保証協会に対して支払った額
(還付金がある場合は、その還付金を差し引いた額)

[申請する補助金の額の計算]
①借入時の返済期間で約定完済した場合
保証協会に支払った保証料=申請できる補助金の額

②繰上げ返済・借換により当初返済期間内に完済した場合
保証協会に支払った保証料-保証協会からの返戻金(還付金)=申請できる補助金の額
申 請
申請方法 全額返済が完了した時から1年以内の6月又は12月に、保証料補助金交付申請書に保証料の支払額を証明できる書類(還付金がある場合は、還付金の額を証明できる書類)を添付し、筑紫野市商工会を経由し、市長に提出しなければならない
申請時期 【6月申請分について】
5月下旬~6月中旬ごろに補助該当者に申請書を郵送
【12月申請について】
11月下旬~12月中旬ごろに補助該当者に申請書を郵送
受 付 筑紫野市商工会

ページの先頭へ移動する